ITコーディネータの業務での担当とそのメリット、試験勉強におすすめの本の紹介

ITコーディネータという、ITと企業経営の両方の知識を持ったうえで、経営者による戦略を手助けするためにITの分野で支援をする専門家や、その専門家に必須な資格があります。ITCと略すこともあります。

また、中小企業基盤整備機構などにより、中小企業の経営者にとって、ITコーディネータを利用することはメリットが数多くあり、結果、需要が多い資格と言えます。試験勉強をするための簡単な方法を述べていきます。まず、ITC協会ホームページにある試験のサンプル問題と解答を印刷しましょう。実際の試験問題はどんな難易度でどのくらいの量が出されるかなどの雰囲気を感じ取るためです。

サンプル問題には、ガイドライン、経営戦略策定、情報システム開発、導入と運用サービスなど、高度な問いが多数ありますが、経営戦略に関する問題の構成比が多いです。時間の配分は、このサンプル問題の構成を参考にしましょう。

そして、おすすめの参考書はここの協会に認定されたある教材です。全8冊でセット販売されていてお金の面から見ると少々厳しいですが、全巻を通じて統一性があり、重複や漏れがなく網羅されているので、おすすめです。