IT分野におけるデジタル技術検定の試験勉強については

IT分野のデジタル技術検定は、民間資格となっていてラジオ音響技能検定から独立した資格で、情報処理や制御に関する技能をデジタル技術化した内容の試験になっています。

受験資格は中学生から第一線で働いている技術者まで誰でも受験でき、幅広い人を対象としていて1級から5級まで5つの区分に分かれています。1級と2級においては情報部門と制御部門に分かれていてそれぞれに高度な専門知識が求められる内容になっています。

合格基準は100点満点の60点以上となっていて4級は約8割、3級は約7割、2級情報は約6割、2級制御は約6.3割、1級情報は約2.1割、1級制御は約2.7割となっています。4級と5級は1週間程度勉強すれば受かるレベルです。

2級と3級についても予備知識を持ってさえいれば難しい試験ではないものです。ただ1級の場合は範囲も広くてレベルが上がります。マイナーな資格であり過去問を繰り返し解くことで実力をつけるのに役立ちます。デジタル技術検定の書籍をマスターすることが試験勉強方法となります。