ITにおけるCGクリエイター検定の試験勉強については

IT分野のCGクリエイター検定についてはベーシックとエキスパートの2種類があり、その合格率はベーシックが60%台、エキスパートは30%台となっています。従って難しい資格ではないともいえます。

試験は7月と11月の年2回あり、試験問題は10問でマークシート式となっています。合格ラインは7問程度となっていて試験の範囲としては映像表現技術やCG理論の知識、およびCGソフトを効果的に用いる能力が問われます。

具体的には表現の基礎としてはデッサンや色彩、動きやタイポグラフィーが、2次元CGと撮影においてはデジタルに関する基礎知識、2次元CG、写真撮影や動画撮影、映像編集が、そして3次元CGにおいてはモデリング、マテリアル、アニメーション、カメラワーク、ライティング、レンダリング、合成、編集内容などとなっています。

関連の知識としてはプロダクションワークや映像制作を支える技術、数理造形や知的財産権なども含まれます。勉強方法としてはデジタル映像表現や入門CGデザイン、CGクリエーター検定エキスパート・ベーシック問題集などが試験勉強としてはふさわしい書籍とされています。