【デジタル技術検定】ITのデジタル技術検定とは

情報化社会となっていますが、そのなかでしごとや毎日の生活に役に立つ資格がたくさんあります。デジタル技術検定というものがありますが、これはIT関連の仕事を行っているという人には非常に役に立つ資格となっています。中学校や高校程度のレベルのものから、技術者レベルまでいくつかの段階に分けられているもので、広い範囲で技術検定を行うことができます。

気になる試験の内容ですが、情報技術はもちろんのこと電気制御まで非常に広い範囲で問題が出題されるようになっています。デジタル技術検定はいくつかに分類することができますが、2級以上になると情報部門や制御部門という2つの専門分野に分けられています。したがって自分の得意な分野や必要な分野を選んで試験を受けることができます。

資格を取得するためには、財団法人実務技能検定協会が行っている試験を受けて合格する必要があります。基本的に受験資格は設けられていないので、誰でも受けることができます。1級は情報処理システムに必要な情報処理理論などに関する問題が出題されます。このほかに制御部門に関連する問題も出題されます。2級も同じようにこれらの部門に分けられています。3級になると電子部品や電気回路の基礎知識が必要になります。4級は中学程度の理科や技術の知識が必要です。5級はコンピューターの仕組みヤソフトウェアの働きを理解していれば合格をすることができます。1級は年に1回の試験となっていますが、そのほかは年に2回実施されます。

IT分野におけるデジタル技術検定の試験勉強については

IT分野のデジタル技術検定は民間資格となっていてラジオ音響技能検定から独立した資格で情報処理や制御に関する技能をデジタル技術化した内容の試験になっています。受験資格は... 続きを読む