【CGクリエイター検定】コンピューターグラフィックによる表現技術の資格です

IT系では、当たり前に目に付くCGです。それだけ需要が多く、資格も重要視されて来ている様です。そこで、基準となる資格の一つが、CGクリエイター検定で、活用範囲としては、ゲームはもちろん、映画、アニメ、CMと、多分野に渡り、テレビ番組のタイトルなども、全てと云っていい程、CGで作られています。

CGクリエイター検定は、CG映像表現技術、CGソフトの効率的活用等の能力が求められ、旧3級にあたるベーシックと、旧2級にあたるエキスパートの二種類があり、エキスパートの方が難易度が上がります。シナリオ、絵コンテ、日程、予算など、一定条件から、デザイン、2次元映像製作の基礎から、モデリングやアニメーションの3次元映像の手法等まで、多様な映像表現に必要な能力を評価する、文部科学書認定の、公的資格です。

職種として、ゲーム映像クリエイター、CGデザイナー、CGアニメーター、CGモデラー、グラフィックデザイナーなど、ITの現場では、多種多様に応用が利く能力で、映像表現のプロフェッショナルとして、技術を活用する上で、とても有利な資格になります。

映像世界のみならず、ゲーム業界、Web業界の企業での取り組みの一環としても、取り入れられています。特に企業内では、技術者同士の共通知識として、作業の潤滑に役立っています。映像がある、あらゆるシーンで目に入るCG映像の技術なので、需要が益々増えると思わるのが、CGクリエイター検定です。

ITにおけるCGクリエイター検定の試験勉強については

IT分野のCGクリエイター検定についてはベーシックとエキスパートの2種類があり、その合格率はベーシックが60%台、エキスパートは30%台となっています。従って難しい資格で... 続きを読む